やあ。

オカルトOL日記

オカルト好きの26歳OLが日常を綴ります

部屋に流れる時間の旅

こんばんは。

年度末ですね〜〜。
 
昨日、新潮4月号に掲載されている
岡田利規さんの新作「部屋に流れる時間の旅」
を読みました。

震災を扱っています。
キーワードになるのは「時間」と「流れ」
 
全く関係ないんですが、最近『オデッセイ』
という映画を見ました。
 
 
火星に一人取り残されたマット・デイモン
助けに行く話なんですけど、
宇宙モノの映画でもやっぱり「時間」って
重要なキーワードですよね。
オデッセイでも、次の火星上陸は4年後!
とか、あと2週間でロケット完成させろ!
とか、時間と必死に戦うシーンが多かったね。

 

そこで、こんな動画を見てみました。
 
 
そう!時間って流れじゃないんですよね。
過去と現在と未来は同時に存在してる。
つまり、お腹を空かせた私とその後
ものを食べている私と満腹になって
眠くなっている私は、同時に存在している。
 
この戯曲に出てくる舞台上にも、
過去と現在と未来を語る登場人物が
各1人ずつ出てきます。
 
f:id:occultOL:20160310000310j:image
 
さて、「時間」は流れではないとしても
「移動」は矢印で表すことが出来ます。
f:id:occultOL:20160310000654j:image
そして、「愛」も矢印で表すことが出来ます。
f:id:occultOL:20160310000756j:image
そんな矢印(流れ)の話だと思います。
 
しかし、当然ながら過去の私が
現在や未来の私に接触することは出来ません。
わお!絶望的です!
でも全体的にあったかめなのでご安心あれ。
上演されるのを見るのが楽しみです。
 
来週から京都にて上演されます。

では、おやすみなさい。